やっぱり燃料電池自動車

結局これが一番環境にいい

ある意味究極の車とも言えます。

ガソリンで走る車は有害な排気物を出してしまいます。

ただ環境だけを一番最優先に考えるのであれば、燃料電池自動車の仕組みが一番適しています。

これを普及させるには既存の仕組みを見直して、携わる人達全員が笑顔でいられるようにしないと意味が無いですね。

そうすれば自ずと世の中の暗い部分は影を潜めて行きます。

次の未来の為に引き継がなくてはいけないところは、そういう部分が一番大事になって来ます。

兼ね合いが上手く行っていない

物事は商売が絡んで来ると上手く進まなくなる事がよくあります。

燃料電池自動車の事もその一環と言えます。

環境を一番最優先に考えれば、この選択肢は一番間違いが無いはずなのに商売というものが間に挟まると急に物事がスムーズに行かなくなってしまいます。

今日環境を良くする事が急務になっているはずのに、何故か話が上手く行きません。

今までの車では環境を良くする事が上手く出来なかったから燃料電池自動車がその役目を担おうとしていたのですが、色んな事がスムーズに行かない為に、環境を良くする事が出来る車の存在すら危ぶまれています。

この先の地球環境を考えて行くのであれば、燃料電池自動車の存在は必須なのではないでしょうか。

車の働きと環境の両側面を考えた形ですと、燃料電池自動車が最も相応しいのではないかと思います。

こういう世の中にとっていい物が何かの都合で埋もれて行くというのは、一番残念な気がしてなりません。

燃料電池自動車だけでなく、世の中にはそういったものがたくさん存在しているのかもしれません。

スポンサーリンク
simplicityver336x280