ガソリンの高騰と燃料電池自動車

これはいよいよ時期到来か!?

ガソリンも高騰が続き、しばらくは値を下げそうな気配がありません。

普段から車を移動手段として使用している人たちにとってはかなり痛手になりますね。

ガソリンの値が高いのって、地味に効くんですよね。

これでは休みの日に車でお出掛けするのも少し億劫になって来ます。

何でもこの先原油の価格も上がり続けるとか、あまりよろしくないニュースも飛び交っています。

これでは更に車離れが加速してしまい、車に携わる事を生業にしてる人たちにとっては大きなダメージにも成りかねません。

ハイブリッドや電気自動車に乗っている人であれば多少は緩和される部分もあるんじゃないかと思いますが、ガソリンを入れない人でも家では灯油を使っているとか、私たちの生活は何かしら原油に繋がって来ます。

タバコは値段が上がって行っても、いざとなれば『止める』という選択肢も採れます(なかなか難しい人もいる?)が、車は生活していく中で無くてはならないという家庭も多いかと思います。

燃料電池自動車はこの先の時代にマッチしている

ん~これはあれを出さないといけませんかね?

あれとは…そう、FCV(燃料電池自動車)です。

現在諸外国ではディーゼルや電気自動車が普及するような流れになっているみたいですが、電気自動車はやはり充電に時間が掛かってしまうのがネックになりますね。

航続距離も短く、使用環境によって幅があります。

電気代も年々上がって行く傾向があります。

燃料電池自動車であれば給油の面では既存のガソリンなどと同じくらいの手間で完了出来ます。

値段はぶっちゃけ言うほど安くはないですが、今後普及して行けばもっと安くなる可能性もあります。

ただこちらもインフラ整備という大問題を抱えています。

また水素と言うと、爆発しそうな怖さがありますね。

事故ったら大丈夫かなって思ってしまいます。

今直ぐにというのはインフラ的に無理があるので、今から少しずつ増やして行って、いずれはガソリンとチェンジ出来るようになれればベストですね。

今は燃料電池自動車と言うとオワコンみたいな雰囲気すらあるかもしれませんが、原油という枯渇していく資源を考えると今からでも考えて行かないといけない問題なのかもしれません。

この先原油の高騰が続くようだったら今一度燃料電池自動車引き合いに出してみるのもいいかもしれません。

スポンサーリンク
simplicityver336x280