ダイハツ ミラ トコット 試乗レポート

落ち着いた時に試乗してみようシリーズ(?)第2弾

落ち着いた時に試乗してみようシリーズ(?)第2弾はダイハツのミラ トコットに乗ってみました。
この車はいつだっけ、そうです2018年6月に発売されました。
ダイハツは出だしとってもインパクトを与えるのが上手いなとは思うんですが、いつもその先が続かなくて忘れ去られてしまうパターンが多いのかもしれませんね。
このトコットもそんなパターンにハマっちゃっているのかなって思います。

ミラは本家ミラが販売終了して、またその前にミラココアも販売終了しています。
トコットが出る前まではミラシリーズはミライースだけになっていました。
やはり普通の形をしたタイプって地味に売れないんですよね。
恐らく軽自動車で一番売れないタイプじゃないかなって思います。

トコットの登場でミラシリーズは再び2車種になりました。
トコットの見た目はココアを踏襲しているような感じがしましたね。
やはりココア同様、CMを見ても女性をターゲットにしているのがうかがえましたね。
インテリアの落ち着いた質感やCMの感じを見ると、30代から40代くらいの女性を特に狙っている感じが伺えます。

ライバルは同じ系統で言うと、スズキのアルトラパンでしょうか。
こちらはかわいさを前面に出している感じですけど、トコットはどちらかと言うと落ち着いた雰囲気を前面に出しているような感じですね。
一応ターゲット以外の顧客にも対応出来るようにしているのかもしれません。

パノラマモニターがオプションで設定されており、こんな小さな車にと思われるかもしれませんが、運転経験の浅いドライバーにとっては小さい車でも見えない部分があると不安という意見が強いので、そういう設定があるのかもしれません。
以前はこういった装備も無かったので、止む無く感覚で運転しないといけない部分もあったんでしょうけど、こういった装備があれば以前よりも見えない部分の不安を軽減して運転する事が出来ますね。
最近は事故が起きると以前よりか収束しづらくなっているので、こういった安全装備は車の大小に関わらず必要な装備です。

ミライースだとちょっと小さすぎると感じる人にはちょうどいいサイズです。
大き過ぎず小さ過ぎずという感じがトコットのウリですね。
また同じくらいのサイズ感でムーヴもありますが、ムーヴはある程度売れている車種なので、みんなが乗っている車を乗りたくないって人にもおすすめです!

新発売から期間も経っていますので、逆にこういう車が意外とお得に買えるかもしれませんね。

スポンサーリンク
simplicityver336x280