ロッキー試乗してみました

ダイハツのロッキー試乗して来ました

2019年のモーターショーの時にダイハツのブースに置いてあったのが印象的で、最初RAV4と見間違えてしまいました。
でもよく見ると大きさがRAV4と比べて小さい事に気づき、ああ違う車なんだなって認識しました。
何気にフェイスが似ていますよね。

そのうちロッキーとして発売する事がCMなどで公開されるようになりました。
ロッキーという車名は以前にもあり、稀にですが初代のロッキーを見掛ける機会もあります。
今回のロッキーは以前のモデルとはかなり変わっており、軽自動車が中心のダイハツでは初代のロッキーの存在すら知らないという人も結構いるんじゃないかと思います。

またトヨタの方も同型車種として『ライズ』を発表しており、こちらはどちらかと言うと大人しめな感じで販売しています。
元々はダイハツの車なので、ロッキーの方をメインにしているのかもしれません。

試乗した車は1000ccのターボ車に乗りました。
軽自動車よりは排気量もありますので、ターボを積んでいるとアクセルを踏めばなかなかいい加速をしてくれます。
グレードがPremiumかGだとタイヤが若干大きいので、更に加速してくれるような期待感が大きくなります。

新車のせいなのかどうかは定かに分かりませんが、走行中の揺れもあまり気にならなかったですし、曲がる時のハンドリングもなかなか滑らかでしたので、感動しましたね。

昔の車種で同じような系統で言うとテリオスが当時ヒットしましたが、今回もそのような感じを出しています。
現在もロッキーのようなSUVが流行っていますし、発表したタイミングは良かったんじゃないかと思います。

一応見積もりも取って貰ったのですが、ナビだの色々と付けると結構な値段になりますね。
車の値段も高くなって行く傾向だなって実感出来てしまいました。
まだ発売してそれほど経っていないので、あまり値引きもされないのが原因の一つとして挙げられますので、もし購入するのであれば、もうちょっと待った方がいいかもしれません。

若しくはワンダフルクレジットを利用してみるのもいいかもしれません。
購入時にまとまった資金も必要ないですし、毎月掛かる費用だけで車検時も負担が無いので車を維持しやすいです。
車をほどほど利用するのであれば、こういう形の方が維持費が掛からないで済むかもしれませんね。
時期によっては金利を下げている時がありますので、そういう時が狙い目です。

毎年の税金や車検など、一気に大きい負担が掛かるのが車を維持する上で一番のネックになっています。
ですので、今後はこういう車を購入する方法も浸透して来るのかもしれません。

スポンサーリンク
simplicityver336x280