CR-V(RT)試乗レポート

一番初期のCR-Vから比べると大分大きくなった

現行CR-V(RT)を試乗して来ました。

前モデルと比べるとそれ程大きさが変わった印象はないですけど、相変わらず広い車内で、ゆったりとした気分で運転が出来るなって思いました。

CR-Vは一番初期が最も売れたんじゃないかと思いますが、その頃はまだ今ほど大きくなく、ちょうど今で言うヴェゼルくらいの大きさだったんじゃないかなって思います。
それを考えると、やはりミドルクラスくらいの大きさがこのタイプの車は売れるのかなって思いますね。
大きい車だと高級な感じがしてしまって、ポンポンと売れなくなっちゃいますよね。
まあ実際に値段もポンポンと売れるような値段はしていませんが…

CMでもそうでしたけど、広い郊外みたいな感じの場所がとっても似合いますし、こういう車は本来そういう場所でこそその特性を活かせるんじゃないかと思います。
車高の高いSUVなので、市街地よりも郊外やもっと自然が豊富な環境で運転したい車です。
CMも何となくですが、都市から何も無い所へ車を走らせるみたいなストーリー性があるような感じがしますね。
他メーカーもそうですが、ホンダもこの車に関してはアコード同様海外に重きを置いているのかもしれません。

本モデルからついにハイブリッドも誕生したので、同クラスの他社ラインナップだとトヨタのハリアー、レクサスのRX、日産のエクストレイルに次いで4番目くらいでしょうか。
まあ後出しの方が性能がいいという法則みたいなのはありますが、どうなんでしょうね?
だんだんハイブリッドも色んな車種に浸透して来ています。

ハイブリッドが世に出始めた頃はこういう大きなSUVのハイブリッドが登場するのはまだまだ当分先だろうなって思っていましたが、技術の進歩というのは本当に早いですね。
もう今じゃ小型のトラックにも浸透していますからね。

最近はまたこのクラスのSUVが売れて来ているので、今後は他のメーカーもハイブリッドのラインナップを出す傾向にあるかもしれませんね。

日本だと大きい車がそんなに売れないので、どうしてもマイナーな路線に入ってしまいますが、いずれはこれくらいの大きさが普通になるくらいの環境になってくれればいいなって思いつつ、締めくくりたいと思います。

スポンサーリンク
simplicityver336x280