トヨタ ハイラックス 試乗レポート

武者修行を終えた感じ!?

ちょっと今更感が多少あるかもしれませんが、トヨタのハイラックスを試乗しました。

2017年に久しぶりの復活を遂げたハイラックスですが、それから大分今は落ち着いた感じがします。

まあ同じような系統では少し前にFJクルーザーもラインナップしていました。
元々日本国内ではそんなに売れるような車種ではありませんが、確かな需要はあるみたいで、こういった本格的なSUVのオーナーになりたいと思う人は少なからずいつの時代もいるみたいですね。

ひと昔前にハイラックスサーフやパジェロが流行った時を思い出して、乗ってみたいと思う年代の人もいるかもしれませんね。

今回復活したハイラックスは以前のモデルと違って、よりピックアップトラックを極めた感じに仕上がっています。
以前のハイラックスよりも重厚な見た目で、いかにも海外の武者修行を終えて戻って来たという雰囲気があります。
何かホント海外のピックアップトラックって感じなんですよね。

その見た目も賛否あるかもしれません。
個人的には時代について行っている感じがしていいと思います。

ピックアップトラック文化ではかなり先進を行っているアメリカだと、もっとごっついトラックが走り回っています。
日本は国土的にも交通状況的にもこれくらいの大きさの方が合っているのかもしれません。
これでもギリギリじゃないのかなって思いますよ。

日本も今まではせせこましい感じの文化でしたが、明治維新の時みたいに異国の文化を再び入れ直して、また独自のテイストを築き上げて行った方がいいかもしれませんね。
当時と違って鎖国こそはしていないですが、日本の気質というものは独自性が強すぎて、どうしても内にこもりやすいのかもしれません。

今日の行き詰まり感を打破する為には、思い切った事をしてみるのもいい方法なのかもしれません。
何事も確実な方に選択肢が向いてしまうのが当たり前の事なのかもしれませんが、たまには確実じゃない事や未知の事を選択してみるというのも面白いかもしれませんね。

そういう意味ではこういう車の選択肢というのもありかもしれませんね!

スポンサーリンク
simplicityver336x280
simplicityver336x280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
simplicityver336x280