ホンダ ステップワゴン(RP系) 試乗レポート

良くも悪くも色々満載です!?

少し前の話になりますが、ステップワゴンがモデルチェンジしました。

RKからRPになりましたが、外見もだいぶ変わりましたね。

一見スッキリした見た目なので、大きさも小さくなったのかなと思いきや、むしろその逆でした。
視覚効果でしょうか?
RKの時の方がズッシリとした感じの見た目があったので、RPは妙にすらっとした印象がありますが、大きさはRKよりも大きくなっています。

今回も色んな工夫が成されています。
リアドアが片側開きと、今まで通りドア全体を跳ね上げて開けられるようになっているのは驚きましたね。
賛否両論あったかと思いますが、新しいものを取り入れる姿勢がホンダらしいと言えますね。
たまに結局失敗だったかな…?
なんて事もあったりしますが…。
まあ失敗は成功の基という言葉を実践しているような感じですね!

3列目のシートが収納出来るようになったのがいいですね。
しかも2シート分割されているので、片方収納して片方そのままという芸当も出来ます。
これはなかなか画期的だなと思います。
大抵こういうワンボックスタイプの3列目のシートって両脇に跳ね上げるタイプが多かったのですが、少しずつ変わって来ているみたいですね。

今回のモデルチェンジで注目されている事の一つにエンジンがあります。
排気量が1500㏄になっちゃいました。
ダウンサイジングされましたね。
多分この印象があるから、サイズも小さくなっちゃったのかなってイメージがあるのかもしれませんね。

トヨタのノアとかもハイブリッドは1800㏄になりましたが、力不足というのは余り感じさせないと聞きました。
ハイブリッドは実際乗ってみた事が無いので、飽くまで評判だけの話になってしまいますが…。
こちらのステップワゴンも普通に乗ってみた感じでは、力不足は感じられないですね。
まあそこで力不足を感じさせてしまったら、ダウンサイジング失敗って事になってしまいますよね。

オデッセイも2月にハイブリッドが登場しましたし、ステップワゴンもハイブリッドが出ないのかなと思っている人も少なくないとは思います。

興味があれば、ホンダのお店へ!!

スポンサーリンク
simplicityver336x280