ダイハツ キャスト 試乗レポート

ちょっとした個性の3種です

はい、またまた有言実行です。

ちょっと時間は掛かっちゃいましたけどね~まあ見る事が出来たのでヨシとしておきましょう!

キャストは3種類のタイプがあります。

スタイル、スポーツ、アクティバです。

中身は同じなんですが、見た目がちょっと違います。
スポーツはタイヤがちょっと大きい設定があったり、アクティバは車高がちょっと高かったりと、それぞれ微妙な違いがあります。

最近のダイハツはコペンといい、こういう微妙に違う車を出す傾向になっていますね。
コペンの時もお話ししたかもしれませんが、この微妙な違いというのも買うオーナーさんにとっては選択肢が増える事になるので、カブる心配は少なくなっていいと思うのですが、メーカーにとってはあんまり採算が合わないような気がしますね。

まあ、かなり余計なお世話かもしれませんが…。

軽自動車は売ってなんぼというところもありますから、売る側にとっては選択肢が色々出来るという事はいいことなのかもしれませんね。

見た目は3種基本同じような顔をしております。
丸目のちょっと可愛らしいような顔をしていますね。

乗った感じの広さは、大体ムーヴに近い感じですね。
軽自動車の中では広くもなく、狭くもなくという空間です。
一人か二人くらいで乗る分にはちょうどいい広さです。

大きさもそんなものなので、運転のしやすさは結構いいと思います。
今回はアクティバのノンターボに乗ってみたのですが、以前のノンターボ車に比べるとちょっと力が増して来たかな~?という感じはしました。

でもやはり私としてはターボがあった方がいいですね。
なんたって軽自動車ターボ推進委員会の会長(?)ですんで…。

最近ひそかに増えて来ているのですが、車の天井とボディの色を別々にしている設定がこのキャストにもありますね。
サイドミラーも天井やボディと違う色にしてましたね。
やはりなんですが、MINIの雰囲気を出させています。
MINIだと現実的に購入は考えていなくても、それに似たような感じの車が本家よりも安価で売っていれば購入する人もいるんじゃないかという狙いでしょうか。

進化したスマートアシストⅡもバッチリ付いています。
Ⅱになってカメラも付いたんですよね。
前方の障害物や中央線のはみ出し時にブザー等で知らせてくれます。

ダイハツもこれから変化の時に差し掛かっているかと思いますが、今までの良さを生かしつつ更に今までに無かった新しいものを築き上げて行って欲しいなと願うばかりであります。

ダメハツになっちゃダメっすよ!

スポンサーリンク
simplicityver336x280
simplicityver336x280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
simplicityver336x280