ダイハツ コペンローブ LA400K 試乗レポート

こんばんはです。

ダイハツのコペンローブを試乗して来ました。

前モデルから見ため的にもかなり様変わりした印象がありますね。

前モデルはフロントが丸いフォルムでどこか愛嬌のあるような形をしていましたが、今回のモデルは前モデルよりも多少角ばったイメージがありますね。

そのせいか、いかつい印象があります。

まあ軽自動車なので全体の大きさは小さいですし、2シーターなので尚更小さい印象を与えます。

余りの小ささに、乗る前は乗れるかどうかも心配になるくらいですね。
車高も低いので、乗り込んだ瞬間に沈み込むような感じがしますよ。
乗ってみると思った以上に狭くはなかったですが、正直屋根を閉めると圧迫感があります。

でもこういう車はそんな感じだと思います。

スポーティーを前面に出しているので、そこら辺はしょうがないかなと。
ある意味そういうのも味の一つだと思いますね。

今回はCVTの方を試乗したのですが、CVTでも自分でギアを上げたり下げたり出来るので、面白かったりします。

MTの設定もありますので、こういう車はクラッチ踏んでギアを変えて運転したいって人は敢えてMTに行くのもいいですね。

多分マニュアルの方が低速を引っ張れるので面白いかと。

テレビのCMは見掛けませんが、ダイハツの店舗には必ずって言っていいほど試乗車がありますので、気が向いたらお近くのダイハツの店舗までレッツゴー!!

コペンローブ(LA400)フロント画像

コペンローブ(LA400)リア画像

スポンサーリンク
simplicityver336x280
simplicityver336x280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
simplicityver336x280