ダイハツ タント(LA600系) 試乗レポート

さあ、やっと参りました。

なかなか都合が付かなくて、実行出来ずじまいだったんですけど、何とか有言実行出来ました。
試乗レポート、行きま~す。

ダイハツ タント(LA600系)
ぱっと見、あんまり変わってないかなって思ったんですけど、どうなんでしょうかね~?
基本前モデルを受け継いでいます。

中も軽にしては広さを感じるくらいです。
タントは高さもありますからね。
やはり試乗するならカスタムのターボがいいと思って、CMに出ている紫色のタントに乗りました。

乗ってから直ぐ幹線道路に入って、ちょっとアクセルを踏み込んでみました。

ダイハツはみんな同じエンジンを使っているので、みんな同じかな~何て思ったりするんですが、以前にやはりムーヴのカスタムターボに乗った時とちょっと違った感じがしましたね。

ムーヴの方がアクセル踏み込むとビューンって進む感じがあるのですが、タントの方は箱が進んでいるような感じがしましたね。

ターボの方はストレスが少なく運転出来ると思いますのでいいと思いますが、タントのカスタムで更にターボだと値段が結構しますよね。

コンパクト車とそんなに差が無いくらいですね。

下手するとコンパクトの方が安く買えるかも…。

まぁ維持費は軽自動車の方が全然安いので、初めはしょうがないのかな~って感じですかね。
燃費はさすがにムーヴよりかは落ちてしまうんですけど、それでも結構いいですよ。

あとは好みとかになっちゃうと思いますけど、まぁ一見の価値はあるかもしれません。
それじゃ、また新車に乗る機会があればレポートさせて貰いますね。

スポンサーリンク
simplicityver336x280
simplicityver336x280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
simplicityver336x280