三菱 エクリプスクロス 試乗レポート

リアの形が印象的です

三菱の久しぶりの新車種、エクリプスクロスに試乗してみました。
見た目はなかなかかっこいい車で、やはり三菱はこういう車を作らせたら天下一品だなって思います。
お世辞じゃなく、長年SUVを製作していた経験が存分に活かされているなって思います。
リアのフォルムが独特な感じがして、その点が印象に残りました。

多分みんなが思っている事かもしれませんが、三菱はもうこういう系統の車しか作らないのかなって思うような気がしてしまうくらい、このエクリプスクロスもアウトランダーやRVRと被ってしまいますね。
マツダのCX-5と8みたいな感じです。
大きさはエクリプスクロスの方がアウトランダーやRVRよりも多少小さいのかなってくらいで、市場を食い合ってしまうんじゃないかって懸念はかなり強いですね。
どうせならもっと小さくすれば良かったのにね、って思いました。
これもマツダで言うCX-3くらいのサイズでも良かったのかもしれません。
あとどうせならディーゼルだけでなくハイブリッドも欲しいですね。

ヤバイ、三菱だとついついまた辛口が出てしまう。
前にも話した事ありますけど、三菱嫌いじゃないですよ。
むしろ好きな方です。
パジェロに乗った時のゴツい躍動感今でも覚えています。
まあぶっちゃけ日本の特に市街地の公道向きではないかもしれませんけどね。
好きの裏返しなんですかね、母体が大きいし、何か形骸化してないかなって不安があるのかもしれませんね。

発売する時も引っ張った割にはちょっと期待が強くなり過ぎちゃった感がありました。
やはり発売が延期になると気持ちが強くなって来ちゃいますよね。
アウトランダーがまあまあ好調だったのでそういう車を作れば当たるという感じがして来てしまいます。
売れないと力を入れない、売れると力を入れる差がちょっと大き過ぎますね。
三菱の現在のラインナップを見てるとそんな感じがしてしまいます。
たまには三菱のセダンやワゴンも見てみたいなと思いました。

スポンサーリンク
simplicityver336x280