ホンダ ジェイド 試乗レポート

ホンダの斬新なスタイルが表れています。

こんばんは。

今日はホンダのジェイドを試乗して来ましたので報告します。

ジェイドは前2人、真ん中2人、後部2人の6人乗りです。

以前にエディックスという車がやはりホンダでありましたが、エディックスは前3人、後ろ3人の奇抜なスタイルでした。ジェイドはそれの縦バージョンといったスタイルといったところでしょうか。

外見を見ると、普通のステーションワゴンみたいな印象を与えます。

そんな姿からストリームの後継的な話もありますが、実質はタイプが異なるので後継という訳でも無いみたいです。

実際に後部座席に乗ってみると、正直結構狭いですね。

しかも真ん中の列のシートを割と大仰に移動しないと後部座席に行けないので、身体の大きな人はひょっとすると乗れないんじゃないかなって思います。

しょっちゅうやるのは億劫な感じになりますね。

ですんで、後部座席は無理に人が乗る為に使わないで、荷室として扱って、4人家族が広々と使う感じがいいのではないかなと思います。

何かこういう感じが初代のイプサムにタイプが似ているなーって思いましたが、向こうは確か5ナンバーで7人乗りだったから、向こうの方がかなり狭かったのではないかと思われますね。

一応3ナンバーなので、基本4人乗りで使えば広々と使えていいと思います。

出たての頃はハイブリッドのみのラインナップでしたが、その後ガソリン車もラインナップに加わりました。

最近のホンダは軽を除くと、ハイブリッドのラインナップがほぼ存在していますね。

いや~今回のジェイドみたいな奇抜な車の発想は、普通に売っていてもダメだというホンダスピリットを感じずにはいられません。

スポンサーリンク
simplicityver336x280
simplicityver336x280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
simplicityver336x280