光岡の新モデル

こんばんは~。

今日は光岡自動車のお話をさせて下さい。

実を言うと私も余り詳しくは分かりません。

でも車のテイスト的にクラシカルな感じが他社に無いので目立つせいか、たまに走っているのを見掛けますね。

きっとコアなお客さんがそこそこついているのかもしれません。
ベースは色んな他社の車を使っていますね。

元々の車と全く違う車になるので、ベースが何であるかというのは言われないと分からないですね。

今は生産終了しましたが大蛇(オロチ)はベースを用いないで造られたそうですね。
いかつい感じのアメ車を彷彿させるような見た目をしています。

そんな光岡に新しい車種が誕生しました。
名前がリューギといいます。
漢字だと流儀でしょうか。

ベースは現行のカローラアクシオで、ハイブリッドの設定もあります。
光岡初のハイブリッドになるそうです。
ここにもハイブリッドの波が押し寄せて来ましたね。

カローラがこのような形に変わるのも凄いですよね。
車のフロントマスクって重要なんだなって、つくづく感じます。
雰囲気も違うから印象も変わりますね。

ベースの車を従来の物とガラッと変えてしまう意味では先日のテントむしと似ている部分がありますね。

光岡は独自のスタイルをこれからも貫き通して行くという思いを、このリューギに込めているのかもしれませんね。

スポンサーリンク
ad_simplicityver