燃料電池で走る車が発売になります

車に新しい方向性が生まれました

こんちは~。

ここんとこちらほらとニュースでやっていますが、トヨタで水素を燃料にして走る燃料電池車(FCV)が発売されるようですね。

まだ価格的には高級車の値段がしていますが、燃料の供給にガソリン並みの速さで出来、尚且つ排気ガスも発生させないという点で注目を集めています。

ただ水素という物を燃料にすると色んな面でコストが掛かるという事と、あと元々燃焼の勢いがすさまじい物質なので、安全性も考慮されます。

大体水素って言うと、理科の実験で試験管に入れた水素を燃やすと、ポンという音がして燃えた記憶が残っている人もいるかもしれませんね。

私なんかも天然ガスで走っている車は知っていますが、水素を燃料にして走る車ってどうなんだろうと思いますね。

まあ天然ガスもそうでしょうけど、爆発でもしたらどうなるだろうとか心配になっちゃったりしますよね。

でも天然ガスで走る車が爆発して大事故になったって話は聞かないですよね。
それは天然ガスで走る車の玉数が多くないせいなのか、それだけ安全性について検証されているのか、はたまたその両者かってところですね。

いずれにしてもハイブリッドが台頭している現在、色んな方法で少しでも早く環境的にも、経済的にも最良の方向へと導かれて行くといいですね。

多分これが日本どころか、世界中の車のオーナーの願いだと思います。

最近はガソリンでも電気でも何でも高いので、またそういうものが利用しやすい値段に早くなってくれるといいですね。

でもそうすると、またみんな無駄遣いしてしまうのかな…?

スポンサーリンク
ad_simplicityver