レクサスRC

威厳のあるクーペ

どもどもっす。

レクサス新車紹介二部作の後半です。

こちらはクーペになりますね。
クーペはSC以来でしょうか?→ISの『C』がありましたね。
SCは見た目がソアラっぽかったので、今度のクーペは日本国内では全く新しい車という事になります。

よくよく考えてみると、レクサスって出だしがトヨタの車をちょっとチューンアップしたような感じのやつが多かったですよね。

私はその当時のラインナップに魅力を感じなかったのを覚えています。

GSが今のモデルになって、車幅など大きくなった時辺りから高級車らしさを感じて来るようになった事を覚えています。

LSも最初は余り威圧感みたいなのを感じ無かったですね。

それよりも前にセルシオとかに見慣れていますから、当時のLS460はセルシオよりも小さい感じがして、余りイカツイ感じがしなくて、ちょっと拍子抜けた感じがしちゃったのを今でも覚えています。

レクサスも立ち上がり当初はまずまずだったみたいですが、直ぐに客足も遠退いてしまって、苦労した時期とかあったんじゃないでしょうか。

流石に今は大分落ち着いているとは思います。

国内でもすっかり定着しましたね。
何かやたらと前置きが長くなってしまいましたが、今回の久しぶりになるクーペ、やはりレクサスみたいな高級車を扱うメーカーには不可欠だと思います。

比較的若い年代の方で金銭的に余裕のある方なんかはよくクーペを乗り回しているような印象がありますね。

クーペと聞くとスポーティーな印象かあるので、乗ってるだけでカッコ良さがプラスされる感じです。

名前はRCっていいますね。

おなじみのスピンドルグリルはこの車にも例外なく適用されています。
ある種このグリルも一つの時代を象徴しているのかもしれませんね。
SCとはまた違ったタイプのクーペみたいな感じがします。

このRCもいずれコンバーチブルとかも出るのでしょうか。

市場に投入される前から色々な想像が出て来て、実際に見るのが楽しみになりますよね。
排気量の大きいガソリン車と、それよりも排気量がやや小さいハイブリッド車の設定があるみたいです。

やや小さいって言っても2.5はありますから、大きいですね。
何でもLFAに次ぐパワーがあるとか。

そんなにパワーなんか必要なのかなって思いますけど、それだけパワーがあれば普段の運転は余裕ですってことなのかもしれませんね。

いやぁ、何か全てにおいて普通じゃない感じがして、こういう車のオーナーさんってどういう人がなるんだろうって想像が付かないくらいですね。

今の技術の粋を集め尽くしたという感じの車になりそうです。

スポンサーリンク
ad_simplicityver
ad_simplicityver

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
ad_simplicityver