スカイラインも仲間入り?

業界が同じような流れです

スカイラインもついにコンパクトにまとまります。

コンパクトなセダンとかクーペという事ではなく、排気量がコンパクトになるみたいですね。

これは最近の業界の流れ的な感じみたいでして、スカイラインというか日産だけに限らず、他のメーカーもこういう傾向になって行ってるみたいですよ。

ダウンサイジングなんて言葉が最近になってよく使われるようになって来ましたね。

しかもエンジンはメルセデス・ベンツ製って言うからこれまた驚きですね!

つまりは昔ほどの排気量が無くても充分力は発揮出来るので、排気量を落としてエコに貢献という訳ですね。

しかも燃費の向上にターボという発想です。

昔はターボ車と言うと燃費の悪い印象がありますけど、最近は燃費の改善策として再びターボが見直されて来ています。
次世代ターボなんて呼んでますね。

馬力を出すなら絶対的に排気量が高い方が条件みたいなものですが、ターボを使う事でそれをカバーするんですね。

いやぁだったらターボ付きの車が沢山出回っていた頃にもっとエコを考えていたら、今頃は環境問題も現状よりかは良くなっていたかもしれませんね。

飽くまで結果論ですが…

スカイラインはハイブリッドもあるので、どちらがお得かっていうのは判断も難しいですし、好みもありますからね。

更に日産は最近CMとかでもちらっとやっておりますが、自動運転を目指して頑張っているみたいですね。
まだ実用されるまでは年数掛かるかと思いますが、出来たら凄い事だと思います。
でもそれが浸透しちゃうと運転出来ない人たちばっかになっちゃわないかなぁ…?

こういう将来の夢みたいな事に思いを馳せるっていうのは、いい事ですよね。

日産だけに留まらず、どのメーカーも頑張って欲しいなって思います。

スポンサーリンク
simplicityver336x280