日産 リーフ 試乗レポートです

電気自動車の先駆けです

どもんちは。

今日は日産リーフの試乗レポートをしたいと思います。

最近は各メーカー次世代の車の普及に力を入れ始めました。

やはり車の行き着く道はハイブリッドや電気自動車に、現在のところは向いています。

乗ってみたところ、電気自動車特有のキューンと高い音がして静かに走り出すような感じです。
アクセルを強く踏むと反応良く加速してくれます。
これも電気自動車特有と言えるかもしれません。

音が余りにも静かなので、周りが気付きにくいのではないかという心配はありますね。
静かな事に越した事はないのですが、静か過ぎるというのも良し悪しみたいですね。

普通充電のフル充電でおよそ200kmくらい走ります。
大体満充電になるのに200Vで8時間くらい掛かります。

200Vはリビングなどに使うエアコンが概ね同じ電圧を使っていますね。

急速充電だと約30分で8割充電出来ます。
急速充電は公共施設などの充電スポットで出来ます。

もちろんエアコンなどを付けると走行距離は減りますし、高速走行や登坂走行が多い山道でも距離は減ります。

さらに言うと、恐らくバッテリーなので年々走行出来る距離が減って来るのでは?と思ったりもします。

また電気が無くなってしまうと当然走らなくなってしまうため、出先で充電しなくちゃいけないと思うとちょっと億劫な感じがするので、そういう点ではプラグインハイブリッドの方がまだいいかなって感じはしますね。

それと通常充電する場所ですが、一戸建ての住まいであれば工事費を掛けるだけで設置は可能ですが、マンションみたいな集合住宅にお住まいの方や駐車場を借りている方などは簡単に設置する事も当然出来ないので、その点が問題ですね。

一戸建ての場合の工事費は大体10万円くらいですので、これは車の購入費用に含めて考えた方がいいかもしれませんね。

スポンサーリンク
simplicityver336x280
simplicityver336x280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
simplicityver336x280