ゴルフ コンフォートライン 試乗レポート

久しぶりにまた外車に乗ってみました

今回は久しぶりにまた外車にチャレンジしてみました。
フォルクスワーゲンのゴルフ コンフォートラインです。
フォルクスワーゲンをご紹介するのは初めてですね!
外見はフォルクスワーゲンによくあるフェイスとフォルムで、通常のゴルフよりも多少細長い印象を受けます。

外車は日本の車ほどモデルチェンジしてもそんなに変わらないので、古い車に乗っているというイメージを持たれづらいというのが良い点でもあります。
まあその車について詳しく分かる人であれば多少の違いでも分かってしまうのかと思いますが、そういう人は結構まれかもしれません。
特に国内では外車に興味があっても精通している方はなかなかいないかもしれませんね。
それだけ日本は国産車の浸透が良いという事でしょう。

運転した感じはそんなに大きくないので恐さは感じないですが、ハンドルが多少重く感じたのと、バックにした時に何も音がしないのにはちょっと驚きました。
高齢者の方の運転だとドライブかバックか分からなくなりそうな気がしますね。
恐らくハイオク車で、5年以上前の車なので燃費においては余り良くない気がしましたが、いかにも外車らしい重厚感があって、この感覚が好きという方も結構いらっしゃるんじゃないかと思います。
ドアが閉まる音もカチャとちょっと軽快な感じの音がして、乗った感じの重厚感とは対照的な感じがまた良かったりします。

フォルクスワーゲンの車は、車体が小さくても丈夫そうな感じがしますね。
今でもフォルクスワーゲンは基本ハイオクで走っているかと思いますが、燃費の方は当時よりも大分改善されていますね。
ちょっと前に燃費の問題でちょっと人気を落としてしまったフォルクスワーゲンですが、多かれ少なかれ日本国内でも売れ行きに影響が出ています。
そうなるとやはりメルセデスベンツやBMWが日本では一番馴染みがあるのかもしれません。

それでもフォルクスワーゲンもまた日本で販売されてかなり長い年数経っているので、これからもっと日本に定着するために更なる発展が期待されますね!

スポンサーリンク
simplicityver336x280