スズキ エスクード(Y#21S) 試乗レポート

マイナーですが、カッコイイ!

新しくなったスズキのエスクード(Y#21S)に乗ってみました。

スズキは何気にマイナー受けする車も何車種かいて、このエスクードもそのうちの1車種に入っています。
もう歴史的にも古くなって来ましたね~! どのメーカーもあり得る傾向なのですが、このエスクードもモデルが変わるごとに車体が大きくなっているような気がします。
今回はずいぶんと様変わりしてしまいましたよね。
名前だけ引き継いで、姿形は前モデルとまるで別物のようにすら感じます。
前モデルはずっしりとした印象を与えていましたが、今回のモデルは妙にスッキリとあか抜けた印象を与えますね。
それもそのはず。
前モデルに比べて全高がちょっと低くなっています。
燃費の問題でしょうか、それとも高さを取らなくても室内高が確保出来るようになったのか、それともその両方でしょうか。
それでも運転席に座ってみて、全く狭い感じはしません。
車高も高いので、SUV独特の開放感がありますね。
デザインもなかなか洗練された感じがあって、他社の同系統の車と比べても引けを取りませんね。
先日ご紹介したSX4 S-CROSSと悩んでしまいそうです。
両方とも海外のスズキで作られています。

日本では余り球数の出ないSUVですが、いずれまた人気が出る日も来るかもしれませんね!

スポンサーリンク
simplicityver336x280