ホンダ グレイス 試乗レポート

セダンの良さを再認識

この前たまたまグレイスを乗れる機会があったので、試乗してみました。

時期的には旬じゃないかもしれませんけど、まだ一度も乗った事が無かったという事もあって、ちょっと興味が湧きました。

セダンなんていつぶりだろうって思う程、久しく乗ってなかった気がします。
でも多分そんな事はないですよね。

世の中の人気にあやかっていた訳ではないのですが、私もあまりセダンに乗ってみたいという気になれなかったですね。

でも乗ってみてちょっとビックリしました。
やはりセダンって、これくらいのミドルクラスでも乗り心地はいいですね。
昔はセダンが当たり前にありましたけど、その時も確かに乗り心地の良さは感じていたんですね。

そのうちワゴンやらコンパクトやらが台頭して来て、実用重視みたいな感じになって行くうちに忘れちゃってたのかもしれません。
無意識的にはセダンほどの乗り心地の良さは無いと感じていたのですが、実用性と秤に掛けて結果的に実用性の方を取ってしまった形ですね。
世の中もそういう流れでしたよね。
何かそう考えると、世の中の流れに流されちゃってる!?
なんてイタイところに気付きました。

今回グレイスに乗ってみて、そういうセダンへの思いがふと蘇って来た感じがしました。
おそらくそれで、セダンに久しく乗って無かったって思い込んでいたのかもしれませんね。

やっぱセダンの乗り心地はいいですね。
運転もしやすいです。
アコードくらいまで大きくなっちゃうと狭い道の運転はあまりしたくないですが、これくらいの大きさであれば車両の大きさもつかみやすいので、安心感がありますね。

こういうコメントを残す私はやはり庶民だな…って、前にもこんなコメントをしたような気がします。

発売してから日がちょっと過ぎちゃいましたが、ホンダのディーラーさんは結構試乗車が豊富ですので、行けば試乗車があるかもしれません。

セダンの乗り心地が懐かしいと思ったら、是非!

スポンサーリンク
simplicityver336x280
simplicityver336x280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
simplicityver336x280