ホンダ オデッセイハイブリッド 試乗レポート

ハイブリッドになって更に進化!

今年の2月に登場しましたオデッセイハイブリッドを試乗して来ましたので、そのご報告をしたいと思います。

現行のRC系になって高級感に磨きが掛けられたオデッセイですが、ハイブリッドが登場して更にその高みに上ろうとしています。

もうすでに庶民車ではないですね。

まあホンダの傾向なので、致し方ありません。
そこは敢えてスルーしておきましょうか。

本モデルから車高がアップしまして、前モデルまでの細長い印象が無くなって来ました。
エリシオンも現行では無くなって久しいですが、現行のオデッセイがその役割を担っているという事なのでしょうね。

確かにエリシオンが現行の時からちょっとかぶっているかな~って感じる部分もありました。
最近は日産のエルグランドが現行(E52系)から細長いフォルムになってしまったので、かなりバッティングしてるんじゃないかなって思います。

エルグランドは現行になってから印象が変わってしまったせいか、売れ行きもイマイチのような感じがしますね。
やはりエルグランドって言うと、箱型の印象が根強いからでしょうね。

ハイブリッドの車も色々乗って来ましたが、年々技術の向上を感じますね。
このオデッセイも始動時は静かです。
ハイブリッドは最初にエンジンが掛かっているのかどうか分かりづらいという難点もあります。
まあ静かなんですから難点というのも変な感じなのですが…。
騒音という意味ではかなり改善されていいかと思いますが、今度は静か過ぎると逆に周りに気付かれにくくなるという問題点も出て来ます。

ですので、ハイブリッド車はどのメーカーもあえて音を出すようにスピーカーが付いています。
正式名称は『車両接近通報装置』と言います。
割とそのまんまだったりします。
トヨタのハイブリッドの音は「フヨフヨ」と聞こえる音で意識して聞くと分かります。
このオデッセイはどうでしたかね~?
ちょっと分からなかったです。

初代から比べると色んな意味で進化したオデッセイですが、興味があればディーラーに試乗車がありますので、いかがでしょうか?

スポンサーリンク
simplicityver336x280