スバル レヴォーグ 試乗レポート

今日は久しぶりにスバルの車をご紹介しようかなと思います。

レヴォーグをこの前見て来ました。

見た目小振りな感じのする車です。

モーターショーで大掛かりなアピールをしましたが発売が延期になったりして、予約したオーナーさんを焦らした経緯のある車ですが、やはり全面に推した車だけはあって見た目もなかなかシャープな印象で、カッコいい車じゃないかと思います。

恐らくインプレッサと殆んど変わらない大きさだと思うのですが、諸元表を見ると意外にもレヴォーグの方が幅も長さもありますね。見た目だとあんまりそういう風には見えませんが、とても不思議な感じがします。そうやって小振りな印象があるせいか、運転も心なしか楽な感じがしますね。

ターボも付いていますので、普通に運転している時は全くストレスを感じさせない走りをしてくれます。

燃費も改善されていますが、こういうタイプの車に乗るオーナーさんは余り比重を置いていない方が多いかもしれません。

どちらかと言うと、走りとかの方を重視する感じですよね。

それでも年々向上していますので、以前のようにガソリンの垂れ流しと言われてた程では無いと思います。

また燃費が向上した事によって、購入層の幅が広がる事も期待出来ますね。

レガシィもまだ現行でありますが、実質レガシィの今までのポジションみたいな立ち位置なんじゃないのかなって思います。

まだ登場して間もないので、これからの展開に依って変化するかもしれませんが、現在のところはそんな感じのように思いますね。

まあ恐らくこの調子であれば、徐々に定着しつつあるので大丈夫なんじゃないかなと思います。

スポンサーリンク
simplicityver336x280
simplicityver336x280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
simplicityver336x280