海外と国内の差

海を渡ると高級品!?

こんばんは。

今日は海外の物がもっと手近になればいいなあって話をさせていただきたいと思います。

海外の物でも人気のある商品というのは日本でも手に入ったりします。
車に例えるとメルセデスやBMなどの外車はそうですね。

ある程度売上が見込めそうな物に関しては、右ハンドルなどの日本に合わせた仕様もあります。

でもやはりコスト面を考慮に入れると、国産の同クラスの車よりかは価格が高い傾向になりがちです。

車からちょっと離れると洋画も海外から渡って来る物の代表格です。
こちらは制作に莫大な費用を掛けたりしますが、車みたいに1個1個作るという訳ではないので、その分一番最後に来る視聴者には大きい負担はありません。

また視聴する為の価格も洋画と邦画の間に差は無いです。

車もこんな感じで極力価格差が発生しなければいいなあと思います。

そうすれば外車の高級感が弱くなってしまいますが、もうちょっと手近な感じがしてきて売上も延びるのではないかなと思います。

外車も自分の国であれば普通の車なのに海を渡ると色々な事が肉付けされる為に高級車になってしまうと言うのも何かおかしな感じですよね。

日本車が海外で売られる時も一緒で、やはり色んなものが肉付けされて行くと高級車みたいな感じになってしまいますね。

貿易が自由化されるとどうなるんでしょうかね?

確かに海外の物は手に入りやすくなりそうな感じはしますが、そのお陰で国産の物が売れなくなったりするなんて事はあるんでしょうか?

結構日本の消費者って鋭い目を持っている人が多いので、購買意欲に繋がるような事が無いと動いたりはしないんじゃないかなと思います。

海外のいい物が手に入りやすくなれば、日本の消費も多くなって来るんじゃないでしょうか?
現状だと消費がイマイチな感じなので希望的な部分も含まれてますけど(笑)

スポンサーリンク
ad_simplicityver