インテリジェントドライブ

夢のような話が現実味を帯びて来る

最近車が自動で運転してくれるという話が巷でよく聞くようになりました。

自動で運転してくれるとなるとかなり夢みたいな話だなと思っておりますが、それの前段階と思えるのがクルーズコントロールとか、そういった自動追尾のシステムだと思います。

これはもう実用化されていて、最近軽自動車を中心に装備されるようになって来た自動ブレーキシステムなんかもそういう類になると思います。

おそらく私が生きている間にはそういう自動で運転してくれる車が出て来てくれるんじゃないかと期待出来るくらい、最近の車の安全性というものはなかなか進歩しているんじゃないかなって思います。

本当にそのうちナイト○イダーみたいにしゃべったり、ジャンプしたりしてくれる車が出て来るかもしれませんよ。

ジャンプはいらないですかね。

あれも確か運転手がいなくても勝手に動いていましたもんね。

自動運転も100%自動で運転までにはまだ期間を要するかもしれませんし、ひょっとすると100%自動という事は無理なのかもしれませんけど、ドライバーの疲労負担を現状よりも大きく減らす事が出来るのであれば、車の市場は今後もっと売れる可能性もありますね。

何せ今後は高齢化の社会になるでしょうから、高齢の人にとって現状の車の運転は厳しいですからね。

それでも乗らなくてはならない現状があるわけですから。
ある種、車のメーカーにとっては必須の課題かもしれません。

スポンサーリンク
simplicityver336x280