プリウス(ZVW50) 試乗レポート

ハイブリッドの代名詞、ここに極まれり!

ど~もです。

今日はプリウスの現行(50系)の試乗レポートをしたいと思います。

プリウスもついに4代目になりました。

今回は去年のモーターショーでもお披露目されていたので、初めてお目に掛かるという感じではありませんでしたが、実際に運転してみてモデルが変わったという実感が湧いて来ました。

フロントは前モデルの30系よりも奇抜なデザインになっていますね。
リアも前モデル同様セダンのトランク部分が無いような姿をしておりますが、現モデルの方が天井部分の流線形がシュッと締まっているので、後部座席の天井が低くなっているような印象を与えます。

先日試乗したMIRAIに形が似ているなって思いました。
顔は全然違いますけどね。

走りはアクセルを踏み込むと、なかなかグッと力強い加速をしてくれます。
電気自動車みたいな、怖くなるくらいの加速はありませんが個人的にはこれくらいでちょうどいいと思いました。

排気量の少ないハイブリッドの車は、加速がちょっと弱いかなって正直思うところもあるのですが、これくらいの加速があれば普段使いは充分ですね。

ハイブリッド車なんですから、燃費を余分に減らすような運転をするオーナーさんは余りいないと思いますが、運転をしているとどうしても加速が欲しい時ってあると思いますので、ある程度加速出来る方が安心感はありますね。

乗ってて割と運転しやすかったです。
電気自動車やハイブリッドの車は走り出しがスーッと進む感じがたまらなく小気味良かったりします。
多分逆にそれが違和感に繋がるという人もいるかもしれませんが…。
とにかく音は静かですので、夜間に一人で沈黙して走っている時は要注意です。
意識して何かの音を聴いたりするようにしないと、静か過ぎて居眠り運転しないか心配になって来ます。
安全装備も付いてはいますが、もちろん過信は出来ませんので、普段から意識するようにした方がいいですね。

ハイブリッドの神髄、プリウスに興味があればディーラーさんにGo!

プリウス(50系) フロント

スポンサーリンク
simplicityver336x280
simplicityver336x280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
simplicityver336x280