ワゴンR (MH44S)試乗レポート

軽もハイブリッドの時代!?

はいはい、どうも。

今日はワゴンRのS-エネチャージ搭載車(MH44S)の試乗レポートをしようかなと思っています。

最初外観見た時にワゴンRという感じがしませんでしたね。

何かMRワゴンのwitともちょっとカブるような感じがしました。

現行のモデルは、何となく落ち着いた雰囲気を感じさせるフロントになっているような気がするんですよね。

目があんまりツリ目じゃなくなったせいでしょうか?

室内はちょうどいい広さって感じですね。

ただちょっと後ろの荷室が狭いような感じはしました。

多分その荷室のスペースで満足出来なかったら、スペーシアに行って下さいという感じなのかもしれません。

 アイドリングストップの感じ

信号待ちで止まるとアイドリングストップしますが、再び走行する時に確かに割とスムーズな走り出しですね。

通常のアイドリングストップだとエンジンが再び始動するのにちょっとした間合いが出来るので、何となくそのタイミングを嫌う方も多いかとは思いますが、この車はそういう部分が改善されていますね。

この車は普通のアイドリングストップみたいにエンジンが始動するって感じがしません。

 一言言わせて貰うと…

あとは価格さえもうちょっと抑えていただければ、文句はありませんね。

ハイブリッドなのでモーターを搭載している分、他のグレードよりも高くなってしまうのがどうしても避けられない部分かもしれませんが、逆にこういう形がスタンダードになって行けばそういう問題も無くなって来るのかなと思います。

まあ今後の普及度合いに依りますね。

こちらもディーラーさんに行けば試乗車があると思いますので、実際に乗って試してみるのが一番いいと思いますよ!

スポンサーリンク
simplicityver336x280