トヨタ ハリアーハイブリッド(60系) 試乗レポート

高級志向が強くなりました

どうも。

予告通り、ハリアー(60系)見て来ました。

前のモデルと比べるとフロントがシャープになった印象がありますね。
より鳥っぽくなったというか…

正直ハリアーがモデルチェンジした事を知った時は、おーよくモデルチェンジしたな~って感じでした。

このタイプのモデルはレクサスのRXだけにするのかなって思っていたんですが、やはりそうするとトヨペットが更に売る物が無くなって行っちゃうんですよね。

トヨペットって言うと昔はセルシオとかもあったし、クラウンもそこそこ売れた時代はかなり元気な印象があったのですが、今はその時代から考えると大分車の売れるタイプも変わってしまいましたからね。

昔はかっこ良かったのが、今はちょっとジジクサイ…?
みたいな感じなんですよね。

セールスの方もハイエースしか売れないってぼやいてましたっけ。

でも普通に考えるとこれからは高齢者社会になって行ってる傾向なので、ジジクサイ方が逆に客も集まるのでは…とも考えられるんですよね。

う~ん、それでも余りハリアーみたいな車には手を付けないか。
この車も今まではそこそこ売れて来てたんですよね。

出たての頃は中途半端な形だとか何とか言われていましたけど、高級志向のユーザーに受けて、3代目まで来ました。
今回も勿論狙いはそこら辺の志向を持っているユーザーなのでしょうけど、どうなんでしょうかね?

今まで以上に真価を問われる立ち位置にいるような感じがしますね。

シートやインパネ周りも革調でとっても高級感が漂っています。
私が見たのが黒の内装だったので、さらに落ち着いた感じもプラスされていました。
まずちょっと年齢の重ねた先輩方だと、あの車高の高さでつまづいてしまうかもしれないです。
割と高いっすよね。

実はというと私も普段この高さだと、ちょっとしんどいかなっていうのはありました。
やはりハリアーは高級志向の比較的足の上がる若い世代向けか…?

う~ん、でもそれならRX行っちゃうかな。
若い世代だと見栄っ張りも多いだろうし。

この車も後ろの席が結構ゆったりしてました。
これもどちらかと言うと運転されたい車なのかもしれません。
後方の荷席も結構広々としていて、色んな物が置けそうでしたね。

競合他社もなかなかいいラインナップ

やはりライバルは日産X-TRAILとホンダのCR-Vになりますね。
スズキのエスクードとか三菱のパジェロも絡んで来るかもしれませんが、若干タイプが違いますかね。

これらの車種どれもそこそこ歴史のある車で、特に初期のモデルはそこそこ売れて貢献したかと思いますが、現在はどれもやはりラインナップ的な感じで存在していて、大分肩身が狭くなって来てしまっている感じです。

エコカー的な観点で言うと、ハリアーのハイブリッドの他にX-TRAILがクリーンディーゼルの設定がありますね。
まあ厳密に言うとX-TRAILは今のモデルではまだクリーンディーゼルは存在していませんが。

多分狙いは海外の方に向いているんでしょうね。
海外ですとこういう車って結構ウケがいいみたいですからね。

でも国内でもかつてよりかは下火になってしまいましたが、今でも根強い人気がありますから、これからもこの系統の車種は続いて行くでしょうね。
興味があれば、お近くのトヨペットへGo!

スポンサーリンク
simplicityver336x280
simplicityver336x280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
simplicityver336x280