外車もいいですが…

国産の印象がなかなか根強いです

こんばんは。

最近外車の事で何か紹介出来ればなぁって思っているんですが、ちょっと気になる事があって思い留まっています。

話題は事欠かないくらいにあるとは思うんですけど、一時期よりもそこら辺で走っている外車を見なくなって来たような感じがするんです。

メルセデスとかBMやミニなどはよく見る印象があるんですが、それだけだと何か話題が限定されてしまいそうな感じがするんです。

世界的な規模で考えると、国産よりも外車の方が圧倒的に数が多いので、話題に出すなら数の多い方がええじゃんとは思うのですが、日本という国は車の文化が独特にある国ですので、恐らく海外のメーカーなんかは日本のお客様の相手をするのは大変なんじゃないかなって思います。

最近はかなり改善されてきているんじゃないかとは思いますが、燃費が国産の車よりかは良くないという印象を持たれがちな感じがしますね。

この印象はなかなか根強いかなと思います。

あとは国内ではめちゃ主流ですが、海外では浸透がイマイチのハイブリッドはやはり海外のメーカーでは作っているところが無いに等しい感じなので、これも日本のユーザーがなじみづらいところかもしれません。

海外はクリーンディーゼルとか、最近はターボチャージャーが割合的に多いですが、日本はまだまだこれからって感じですね。

あと国内は国産車というよりも、トヨタの印象が強いですね。
鳥で言う『すりこみ』状態、じっちゃん・ばっちゃんに印象を与えて票を狙う選挙候補者みたいな感じですかね。

ちょっと例えが悪かったですか。

そのためになかなか入り込んでいく余地を見付けづらい感じがしますね。
まぁでもたまには外車の話題もさせていただきますね。

国内のメーカーも海外で活躍してる事なども話題に出してみたいですね。
以前にも書きましたが、海外を意識してますんで。

最新2018 国産&輸入車選びの本 (CARTOPMOOK)

新品価格
¥680から
(2018/1/7 13:45時点)

スポンサーリンク
simplicityver336x280