テスラが自動運転を投入

車社会がまた一歩前進です

ついにテスラが自動運転を市場に投入しました。

いやあ、流石『別方面の伝道師』です。

テスラは普段テレビでもCM放映される訳でもなく、去年のモーターショーにも出展していなかったので、どうしたのかなと思っていた部分はあったのですが、着々と開発を進めていたんんですね。

今のところ他のメーカーと比べると、高級車に属するラインナップとなっていますが、いずれは価格を下げた量産出来るタイプの車を世に送り出す計画だという事を、前回テスラの話をした時にも書きました。

日本も高齢化が進んでいるので、自動運転はこの先需要が増して来る傾向があります。
いち早く市場に投入して、問題点を解決して行こうという姿勢は関心出来ますね。
去年も車が有り得ない所に突っ込む事故が目立ったように思います。
そういうニュースを見る度、自動運転の必要性を痛感しますね。

実用化される期間が長ければ長いほど、その精度も増して行きますので、これからどんどん普及に力を注いで行って欲しいなと思います。

車がどんどんオートメーション化されれば事故も少なくなるでしょうし、ひょっとしたら渋滞も解消されてくるかもしれません。
それには安全性という言葉が非常に重要なポイントとなって来ます。

車というものが、また新たな局面を迎える時期に差し掛かって来ているのかもしれませんね。
少しずつでもいいから確実に変わって行って欲しいです。

今後自動運転がどのように発展して、世の中に普及して行くのか楽しみですね。

スポンサーリンク
simplicityver336x280
simplicityver336x280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
simplicityver336x280